陽助さんの部屋

鉄拳/ラス仁・花仁・真仁 はた細/白キラ・ヘルキラ

リメンバー16。レイバサ

ボロロ〜ンとギターを鳴らすバサラ。

遠い目をしながら、てきぱきと掃除をしているガムリンを見ていた。

「いつもレイさんがしてるのか?」

「わかんねー。」

「は?」

「気がつくと綺麗になってる。」

「……………。」

レイの事を聞かれたのでなんとなくレイの事を考える。

ふいにリメンバー16を口ずさんだ。

「その歌。気になっていたんだが、体験談なのか?」

「さあな。」

16才の頃、レイと二人シティの街頭で歌っていた。

人が集まる日もあれば、誰も見向きもしない日もあった。

見向きもしない日が続いたある日。

レイの心が折れかかった。

酒をしこたま飲み、公園で泣いていた。

「すまない……オレの力が足りんばかりに……。」

「客なんてどうでもいいじゃねーか。オレは歌えればそれでいい。」

「そうか………。」

見つめられてる気がして、レイを見る。

心底疲れた様な顔をしていた。どうしてやることも出来ない。

そんな想いが浮かんでいる様な顔だった。

レイに顔を近づけた。

レイが少し驚いた様な顔をしたが、バサラの顎に手をやり引き寄せ

キスをした。

レイの唇の柔らかさに驚き優しいキスに衝撃が走った。

もっと深いキスをレイとしたくて、体を寄せる。

が、スッとレイが離れた。

「ありがとな……なんか元気出たぜ。」

「………。」

ボーッとレイをみつめる。

「今日のキスは、酔った勢いだ。もうしない。すまなかったな……。」

なんで謝るんだろうと思いながら、ボーッとしたまま

レイを見つめ続けた。

「俺たちの夢は、1000年先までか。」

「そうだぜ。俺たちの歌を1000年先まで聴かせてやるぜ!!!」

フッとレイが笑う。バサラもニヤッと笑った。

「ふう。これでいいだろう。」

ガムリンが掃き掃除を終えて一息ついていた。

バサラはレイとの事を思い出しながらギターを弾いている。

「バサラ。綺麗になったぞ。布団………干した方が良さそうだな。」

ベッドの上でギターを弾いていたバサラをどかし、ガムリンが布団を引っ張る。

「これ、どこに干してるんだ?」

「あ?屋上。」

「よし、運ぶぞ。バサラ!掛け布団持って来い。」

「へいへい………。」

おわり

もっと詳しく16才の時の事書きたかったんだけど

浮かばなかったのではしょった感じになりました。。。。。

1000年先の未来まで自分たちの歌を聴かせ続けるのが

二人の夢だったりしたらいいなぁと思って書いてみました。

あーすっきりした。

もやもや2日間考えてたからすっきりしました。