陽助さんの部屋

鉄拳/ラス仁・花仁・真仁 はた細/白キラ・ヘルキラ

ガムバサ。お好きなように

ガムリンの家。

バサラが訪問して数十回目の昼。

「腹減った。」

「しまったな、なにもない…。」

「出前取ろうぜ。ピザがいいな。」

ピザを取り、簡単に昼を済ます二人。

食後バサラは、ギターを抱えたまま船をこいでいる。

「今日は暖かいな…。」

春。自然界では恋の季節

などと考えていたら、急にバサラを意識してしまうガムリン。

寝顔が可愛い。

ずれた眼鏡がまた何とも言えない。

幼ささえ感じるその顔と対照的な日に焼けた逞しい腕。

胸元があらわになっているタンクトップ姿に

ムラムラし始めるガムリン。

「バ…サラ…。」

よろよろと近づき、頬にキスをしようとしたら

バサラの目がぱちっと開き。

「なに?」

と言い放つ。

慌てて

「いや、なんでもない。眼鏡が落ちそうだったから…。」

と言い訳を言ってみる。

ぐいっと指先で眼鏡を上げるバサラ。

「サンキュー。」

礼を言われる。とたんに後ろめたくなるガムリン。

「ベッド借りるぜ。」

そう言うと、ツカツカとベッドルームに移動するバサラ。

昼寝をするだけだろうが、なんかドキドキするガムリン。

「一緒に寝るか、なんて言わないか…。」

独り言をつぶやく。

お付き合いを始めて、3ヶ月。

そういうことはおろか、キスもままならない。

焦ってる訳ではないが、そういう事をしてみたい気持ちが大きい。

自分と同じくらいの大きさのあの男を抱いてみたいと思っている。

いつからだろう、そんな邪な考えになったのは。

「なぁ。」

「?!」

急に声をかけられて驚くガムリン。

「ど、どうした?」

「寝ないの?」

「は?」

「待ってるぜ。」

「え…………。?!えええええええええええええええええ。」

急にバサラが誘い出した。

バサラも同じ考えだったのか?

額に汗が噴き出す。

何をすればいいのか。

夜ごとなんども妄想した事をすればいいのか?

頭が真っ白になる。だが股間は期待に疼いていた。

ベッドルーム。

肩肘を就いて、バサラが待っている。

表情はいつも通りの普通の表情。

オロオロしていると、ぽんぽんと布団を叩くバサラ。

横に寝ろってことか?と、横に寝転がろうとすると

バサラが腕を引いて来た。

バランスを崩してバサラの上に倒れ込む。

顔を上げると

「俺、なんにもしないから。」

と、マグロ宣言するバサラ。

「お前の好きな様にしていいぜ。でも痛いのは勘弁な。」

そう言うと、大の字に寝る。

「す、、、好きな様にって。」

焦るガムリン。

とりあえず、大の字になってるバサラの横に寝る。

バサラは、じっとしている。

ドキドキしながら、バサラの髪を撫でてみる。

バサラが意外そうに目を見開くと、撫でられたのが

気持ちよかったのか、うっとりし始める。

「キ、キスしてもいいか?」

「聞くなよ。好きにしなって。」

バサラと目が合う。

目線を合わせて、ゆっくりと唇を重ねる。

「お前、優しいんだな…。」

そう言うと、バサラが抱きついてくる。

「服脱がねぇの?」

「あ、ああ。」

言われるがまま、服を脱ぎだすガムリン。

シャツだけ脱ぐと、再びバサラの横に寝る。

「俺も脱ぐ?」

ちょっと恥ずかしそうに言うバサラ。

そんなバサラにカッとなる。

「そのままでいてくれ。オレが脱がすから。」

コクンとうなずくバサラ。

バサラのジーンズから、タンクトップの裾を引き出す。

裾の隙間から、手を入れて脇腹から胸へ手を這わす。

「んっ…。」

ぞくりとバサラが体を震わせる。

鳥肌が立つバサラの体に、欲情するガムリン。

ガマン出来なくなって、胸の突起に唇を這わす。

軽く吸う。

「くぁ…ッ。」

バサラが声を上げるが唇を噛んで声をコロス。

どんな顔をしてるのか気になって、顔を上げるガムリン。

頬を赤らめて、うっすら汗をかきながら潤んだ瞳でガムリンを

見つめていた。

堪らなくなってキスをする。今度は激しく。

バサラは、ガムリンのズボンに手をかける。

ガムリンはバサラの手に気がつくと腰を浮かせる。

慣れた手つきでズボンを脱がすバサラ。

ガムリンがあらわになると、手を当てがった。

バサラに触らせるガムリン。

なにをするのか見てみたくなり、そのままバサラに任せる。

バサラは、ニヤッと笑うと息を吐いてガムリンの股間

顔を埋める。

「!!」

しゃ、しゃぶっている。あ、あああああああああ。

想像を超える様子にガムリンが果てる。

「?!うそだろ???」

突然の射精に驚くバサラ。

「す、すまん!」

「は、ははは、ま、いいけどよ。速くね?お前。」

真っ赤になるガムリン。

「まだ硬いな。オレもイきたいから、一緒に擦ってくれよ。」

自分の股間の物をガムリンのモノに合わせると

バサラが言う。

「???」

何の事かさっぱり理解しないガムリンに

「こうだよ!」

と、一緒に握り込んで見せるバサラ。

「わ、わかった。」

右手で2本同時に握り込む。

バサラが、腰を動かしてガムリンの手の感触を試す。

どれくらいの力で握り込むか、一瞬悩むが、すぐに自分も

握り込んでいる事に気づき、自分が気持ちイイ力加減で擦り上げる

ガムリン。

次第にバサラの息が激しくなってくる。

「へ、へへっ。お前に速いとか言ってたけど、オレももう限界かも…。」

バサラがガムリンの手に手を添えて、もう少し強く扱う様に

促す。

ぶるっと震えて

「あぁ……。」

っと、バサラが声を出して果てる。

ソレを見て聞いて、ガムリンも果てる。

息を荒くして、二人で大の字で寝転ぶ。

「お前の手、気持ち良過ぎ。」

「そ、そうか?」

「ローションがないと無理かと思ったけど、イっちまった。」

「ロ…ローション???」

「またしような!」

「あ、ああ!」

挿入はまだまだな二人であった。

おわり

レイバサとセットの話にしてみた。